サイバーホルンのブログCyberhorn's Blog

ビュースルーコンバージョン、確認していますか?(思わぬ落とし穴も…?)

今回は、WEB広告のCV項目の1つ、ビュースルーコンバージョンについて解説していきます。

主に、Google広告において解説していきます。がYahoo!広告でも確認することが可能です。

ビュースルーコンバージョンってなんだ?

ビュースルーコンバージョンとは「広告をユーザーが見た(視認した)ものの、クリック等はせず、後日コンバージョンを達成したユーザーの数」を指します。

また、Google広告の場合、例えばYouTube広告と検索広告を出稿していると、YouTube広告を見た、がクリックしなかった、その後検索広告でCVした、というユーザーは、ビュースルーコンバージョンに含まれません。

これらのユーザーを測定するには、コンバージョンのアトリビューションモデルを変更する(ラストクリック以外にする)必要があります。

ビュースルーコンバージョンが効果的な広告手法は?

このビュースルーコンバージョンは、どのような広告で効果的なのか、について解説しますと、あくまで弊社の考えですが、下記の2施策では非常に効果的です。

・Yahoo!ブランドパネル

・YouTube広告

どちらも、直接コンバージョンを取るために実施するケースも当然ありますが、認知拡大のために実施するケースも少なくありません。

その際に、ビュースルーコンバージョンは非常に効果的です。

まず、Yahoo!ブランドパネルに関しては、単純な出稿として考えてしまうとディスプレイ広告ですが、クリック単価が高く、他の広告施策より獲得単価が高騰しがちです。

しかし、ビュースルーコンバージョンを計測することで、ブランドパネルの有益性を確認することが可能となります。

また、YouTube広告ではTrueView広告の長編動画を出稿する場合は、直接CVに結び付ける可能性がありますが、バンパー広告では、直接コンバージョンまで行きつく、という点での出稿より、認知拡大の目的、意味合いが非常に多いです。

そのため、ビュースルーコンバージョンを計測することで、認知拡大+その広告で認知を取った人がコンバージョンまで至ったかどうか、を確認することが可能となります。

ビュースルーコンバージョンの計測で気を付けるべきこと

Google広告で、ビュースルーコンバージョンを指標の1つに組み込む際に重要なことが1つあります。

それは、ビュースルーコンバージョンの計測期間です。

実は、Google広告のデフォルト設定ではビュースルーコンバージョンの計測期間は3日間になっています。

もし、商材によっては検討時間が長い商材もありますので、商材に応じて、計測期間を再設定することをお勧めします。

おわりに

今回はビュースルーコンバージョンについて解説しました。

コンバージョンが直接つきにくい商材を扱う場合、広告の成果指標の1つとして組み込まれることをお勧めいたします。

広告代理店/制作会社の方へ

無料アカウント診断サービス