サイバーホルンのブログCyberhorn's Blog

【2020年】インターネット広告の詳細と動画広告の成長について

  • 2021.03.16
  • 2021.03.12

リスティング広告

コロナウイルスにより大きく世界が変わった2020年。

その影響で、日本の広告業界も変化せざるを得ない状況になっています。

今回は、そんな日本の広告のなかでも特にインターネット広告に注目して、現状をお伝えしていきたいと思います!

日本の広告(全体)の現状

まずは、2020年の広告業界の現状について軽く触れます。

コロナウイルスの影響で、近年成長を見せていた総広告費は大幅に減少してしまいました。総広告費は、テレビやラジオ、新聞などのオールドメディアの広告や、交通広告、インターネット広告などあらゆる広告の費用をまとめたものです。

総広告費が減少してしまった要因としては、感染防止対策で人々が自粛をするようになったことでインターネット広告以外の広告費が大幅に減少してしまったことが考えられます。

もっと「広告業界全般の現状について詳しく知りたい!」という方は、以下の記事をご覧ください。

【2020年】インターネット広告費が伸びました!

【2020年】インターネット広告費が伸びました!
2020年、社会や普通が大きく変わった日本において、広告費はどんな変化を見せたのか? 今回は、そんな少し大きな(まるで総合代理店みたいな)視点で日本の広告費の現...

次に、インターネット広告に絞って、2020年の変化をお伝えしていこうと思います!

自粛期間の中で社会のオンライン化が進み、逆にインターネット広告だけは成長を見せました。

出典:電通「日本の広告費」2010~2020年

こちらは、電通が毎年出している「日本の広告費」のデータを元に、インターネット広告費の推移を示したグラフになります。これを見るとインターネット広告が近年ずっと成長傾向にあることがわかります。

このような成長を見せるインターネット広告の中身はどのようになっているのでしょうか?

インターネット広告の詳細について

次に、インターネット広告の詳細について見ていきたいと思います!

インターネット広告は主に以下の4つの広告の種類があります。

・検索連動型広告

・ディスプレイ広告

・成果報酬型広告

・動画広告

検索連動型広告とは、検索エンジンで検索されたワードに応じて広告が割り当てられるタイプの広告で、Yahoo!やGoogleなどで見られる広告です。ディスプレイ広告とは、webサイトなどの広告枠に掲載される、画像や動画、テキストの広告のことを言い、動画広告は、その名の通り、動画形式の広告を指します。最後の成果報酬型広告は、リンク経由での購入など成果があるとそれに対して一定の報酬が支払われるような広告のことで、アフィリエイトなどのことを言います。

電通のデータによると、例年通り、2020年も検索連動型広告とディスプレイ広告がインターネット広告の多くの割合を占め、合わせて71.2%を占めました。さきほどのグラフで見た通り、インターネット広告費全体は増加していますので、その大部分を担う検索連動型広告とディスプレイ広告のどちらも広告費は増加し、成長しました。

一方で、2020年の成果報酬型広告費は減少し、マイナスの成長を見せてしまいました。実際に、電通のデータでは前年に比べ、6%ほどマイナス成長になってしまいました。

そんな中で、動画広告は、他に比べ特に大きな成長が見れられました!

動画広告の成長

電通のデータによると、2020年の動画広告費は、2019年に比べ約20%も成長しました。コロナウイルスの影響で家で時間を過ごすことが増えたことにより、動画配信サービスの利用が増えたことが要因として考えられるでしょう。

しかし、動画広告の急激な成長は、コロナ禍の2020年に限った話ではありません。

まずは、こちらのグラフをご覧ください。

出典:電通「日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」2017~2020年

このグラフは、電通の「日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」の2017年~2020年のデータを元に作成した動画広告費の推移を示したものです。これからわかる通り、動画広告は2017年から2020年にかけて、およそ4倍も増えています。2020年に限らず、近年増え続けていることもわかると思います。

次に、以下のグラフを見てください。

出典:電通「日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」2017~2020年

 

この、グラフはインターネット広告種別の推移を示したもので、動画広告以外は横ばいで、動画広告が特別増加していることがわかります。また、インターネット広告全体の成長と動画広告の成長を見比べてみると、インターネット広告全体の成長が、動画広告の成長によってけん引されていることもわかるでしょう。

したがって、インターネット広告において、動画広告は、大きな役割を担っていくことが予想できます。

これからも、成長しつづけ、動画広告が主流なインターネット広告になることもあるかもしれません。

終わりに

今回は、インターネット広告の成長について、詳しく解説してきました。

動画広告がこれから重要になることは明らかなので、インターネット広告を使って集客をしたい人は動画広告を試してみるのもいいかもしれません!

  • 2021.03.16
  • 2021.03.12

リスティング広告

広告代理店/制作会社の方へ

無料アカウント診断サービス