サイバーホルンのブログCyberhorn's Blog

【YouTube広告】 YouTube広告を見たユーザーのクエリを知る方法!

  • 2022.03.31

YouTube広告

YouTube広告を出稿する時には、様々な配信手法から1つを選ぶことになります。

今回はそのYouTube広告において、「YouTube上での検索クエリ」が見ることができる配信方法の紹介と、クエリの閲覧方法について解説します。

YouTube広告で検索クエリが見える出稿方法は?

YouTube広告であれば、どの広告配信手法でも、検索クエリを見る事ができる、というわけではありません。

YouTube広告で、YouTube上でどんなユーザーが検索した時に広告が表示されたか、広告が視聴されたか、を見ることができる配信手法は『インフィード広告』になります。

※旧ディスカバリー広告、がインフィード広告に名称変更されました。

インフィード広告は、『YouTubeの検索結果』『YouTubeの関連動画の横』『YouTubeモバイルのトップページ』に表示されます。

YouTubeチャンネル内で特定の動画の視聴数を『しっかり』増やしたいとき、チャンネル登録者数を増やしたいときに最適です。

YouTube広告で検索クエリを確認しよう

YouTube広告の中でも『インフィード広告』はかなり特徴的で、ユーザーが広告動画のサムネイルをクリックしないと、広告動画が流れません。

また、広告をクリックされても、動画が流れるのみで、クリックするとページ遷移、という従来の広告とは大きく異なる配信手法になります。

そのため、広告動画をどんな人が視聴してくれるのか、という観点が非常に重要になってくるため、検索クエリを見ることをおすすめします。

YouTube動画の検索クエリ確認方法

最初にGoogle広告の管理画面にいき、インフィード広告を出稿している広告キャンペーンを選択します。

その後「コンテンツ」を選択します。

その後、ディスプレイ/動画のキーワードを選択します。

最後に、こちらのYouTubeの検索語句はこちらで確認できます、の箇所を選択することで、YouTube上での検索クエリを閲覧することができます。

一般的な、リスティング広告の検索クエリと比較して、YouTube上で関連した動画がバズっていたり、ユーザーが見たいと考えている動画のコンテンツ名などが、かなり具体的に表示されます。

YouTubeチャンネルの運用等でどんなコンテンツを発信するか、という観点からもヒントが隠されている項目になります。

おわりに

今回は、YouTube広告の中の「インフィード広告」におけるYouTube広告検索クエリを確認する方法を記載しました。

チャンネル登録者数を増やす、どんなコンテンツが人気が出そうか、などのヒントにもなりうる指標ですので、ぜひ確認することをお勧めいたします。

  • 2022.03.31

YouTube広告

広告代理店/制作会社の方へ

無料アカウント診断サービス