サイバーホルンのブログCyberhorn's Blog

Facebook広告とは?動画と画像どっちがいいの?に答えます!

  • 2021.03.25
  • 2021.03.20

SNS広告

今回は、Facebook広告では動画広告が流行っているらしい。。。だけどホントに成果がいいの?という問いにお応えしていきます。

これから出稿を検討されている方も、すでに広告出稿されている方にも耳よりの情報を発信しますので、最後まで読んでいただけたら嬉しいです。(おそらく5分以内に読み切れる内容ですので!)

動画広告と画像広告の成果比較

今回の事例は、BtoB商材になります。商品価格は●十万円程度のもになります。(コンバージョンはあくまでもリード獲得です。)

広告費用は、6:4で動画広告の方が多く、掲載期間やその他ターゲティング等の設定は全く同じですので、ほぼ単純比較のものになります。

上記の表をご覧いただけますと一目瞭然です。

クリック率も動画広告の方がやや高く、CV率が圧倒的に高い、という結果となり、必然的に獲得単価が大幅に動画広告の方が良い、という結果になりました。

これは、動画広告の方が動きがあるためユーザーの目に留まりやすいという点が最も大きな理由だと想定されます。

さらに、前回の記事にて『広告の目的』について述べさせていただきましたが、画像と比較して圧倒的に動画広告の方が広告を見ているユーザーへ情報を多く届けることができるため、広告から遷移するサイトについてもユーザーの理解が得られており、遷移後にユーザーが購買行動を起こしやすいため、CV率が高まると想定しております。

結論

絶対に動画広告は出稿した方が良い!です。

ただし、全て動画でいいのか、という点に関しては1点懸念があります。

それは、動画広告のみでは再生ボタンを押されないと流れない場合がある、という点です。

これでも広告は表示されてしまっているため、費用が発生してしまいます。

この事態を避けるために、1枚の画像でズバリ伝える、というための画像広告が必要になります。

さらに成果を出すには。。。

さて、ここからはFacebook広告で動画広告を出稿した、成果も良くなった、でも、もっと効果を上げたい!という方に最後までお読みいただいているため、㊙の広告戦略をお伝えします。

上記の表には続きがあります。。。

普段から、動画広告/画像広告を流している場合のケースになりますが、期間限定の広告を流すことをお勧めします。

上記の表から明らかなように成果が、驚異的になります。

クリック率があまりにも高くなるため、CV率は動画広告にやや劣りますが、獲得単価は約半減します。

いきなり、期間限定の広告を流すとユーザーはいつも安いのではないか?と考えてしまいますが、普段から通常広告を流すことで、キャンペーン広告の安さが群を抜いているように感じ、クリックを獲得することが可能です。

さらに、これを逃すと再度、普段の定価に戻ってしまうかもしれない、という感情から購入へも至りやすい、という結果になります。

是非、Facebook広告を出稿される方は、今月の成果、のみに執着するのではなく、通年でどう広告から獲得していくか、の設計も念頭において戦略を練ることをお勧めします。

おわりに

今回は、弊社の事例をもとに動画広告の有用性について解説しました。

楽しんでいただけましたでしょうか。

もし、現状Facebook広告の成果が改善できない、というような問題を抱えている場合や、動画広告も試してみたいと思った方はぜひ、弊社へお問い合わせくださいませ。

動画広告も活用した広告運用で、貴社の広告成果の改善を行わせていただきます!

最後までお読みいただきありがとうございました。

また、事例を交えた有益な情報をお届けできたらと考えています。

  • 2021.03.25
  • 2021.03.20

SNS広告

広告代理店/制作会社の方へ

無料アカウント診断サービス