サイバーホルンのブログCyberhorn's Blog

2021年最新版!リスティング広告に使用するバナーについて

  • 2021.06.09
  • 2020.12.24

リスティング広告

今回は、Google・Yahoo!・Facebookといった、各媒体で掲載できる画像サイズ、各デバイスでのサイズについて紹介します。

バナーは、広告運用の成果を上げるのに重要な要素のひとつになります。実際にテキスト広告よりもユーザーがイメージしやすいため、クリック率やコンバージョン率が高いので、成果改善に役立ちます。今回は、入稿に必要なサイズやクリックされやすいバナーについて解説していきたいと思います。

知ってるだけで成果が変わる。クリックされやすいバナーの特徴

要素は重要度順に強調し、左上から右下に配置

ユーザーの目線は左上から右下に流れるので、重要度の高いものから上に、低いものを右下に配置することで、重要度の高いものからみせることができます。

食品や旅行、美容系におすすめのバナー

食品や旅行の広告は画像を大きく使うことで視覚的に購買意欲をユーザーに持たせることができ、文字よりも直感的に理解できるので、おすすめです。

美容系は綺麗な女性などの人物写真を利用することで、ユーザーにイメージを連想させます。バナー内に内容や特徴も記載することでよりクリック率が上がります。特にキャンペーン系のバナーに関しては無料や50%オフなど数字を強調するのが効果的です。

その他にも

・同調心理(「女子高生の8割が使用」や「ムダ毛に悩む男性の7割以上が施術」など)

・バンドワゴン効果を使った「大人気」や「今流行の」など

・スノッブ効果を使った「残り2点」や「期間限定」など

・カクテルパーティー効果

例) 40代から資産運営を始める方。夏までに絶対-10キロ痩せたい方へなど具体的にすることで、見込み客に「自分のこと」だと思わせる

・不安を代弁する「初心者も理解できる。儲かる投資セミナー」や「騙されないための投資セミナー」など

・比較テクニックを使った「物件選びで成功する人、失敗する人。その違い、あなたも知りたくないですか?」や「中古マンションが高く売れる家、安く買われる家の違いとは」ポイントは「成功する人」、「失敗する人」などプラスとマイナスの面を比較することが効果的です。

媒体別のバナー入稿サイズ

YDA

レスポンシブ広告

画像サイズファイルPC/タブレットスマートフォン
300×3003MBまで
1200×6283MBまで

ロゴ画像

画像サイズファイルPC/タブレットスマートフォン
180×1803MBまで

ディスプレイ広告

画像サイズファイルPC/タブレットスマートフォン
600×500又は300×2503MBまで
468×603MBまで
728×903MBまで
160×6003MBまで
640×200又は320×1003MBまで
640×100又は320×503MBまで

GDN 

バナー

画像サイズファイルPC/タブレットスマートフォンオススメ度
300×250150KBまで
336×280150KBまで
160×600150KBまで
300×600150KBまで
728×90150KBまで
468×60150KBまで
300×50150KBまで
320×100150KBまで

レスポンシブ

画像サイズファイルPC/タブレットスマートフォンオススメ度
1200×628150KBまで
300×300150KBまで

レスポンシブはたくさん表示される広告で、機械学習を用いており過去の広告のパフォーマンスの状況から予測して最適なアセットの組み合わせを設定してくれます。自動で最適化してくれるので、広告を作る側はアセットの設定以外、特に手間がかかりません。

※バナー画像にテキストを入れたい場合は、文字の部分が画像全体の20%を超えないようにする必要があります

Facebook/Instagram

広告フォーマット推奨画像サイズ、アスペクト比
画像1200×628以上
9:16~16:9
カルーセル1080×1080以上
1:1
コレクション広告クリック後のフルスクリーン表示のクリエイティブによって異なる
動画9:16~16:9
スライドショー16:9又は1:1又は2:3

LINE

Card

「Card」は、静止画(1200 x 628px)と動画(画面比率16:9)のフォーマットです。Cardはトークリスト最上部に表示されるSmart Channelやタイムライン、LINE NEWSなど、多くの配信面に対応しています。

掲載面静止画(1200×628)動画(16:9)
smart channel×
LINE news
タイムライン
LINEマンガ
LINEブログ
LINEポイント
LINEショッピング

Square

「Square」は、静止画(1080 x 1080px)と動画(画面比率1:1)のフォーマットです。Cardと同様、Smart Channelやタイムライン、LINE NEWSなど、多くの配信面に対応しています。

掲載面静止画(1200×628)動画(16:9)
smart channel×
LINE news
タイムライン
LINEマンガ
LINEブログ
LINEポイント
LINEショッピング

Vertical

「Vertical」は動画専用(画面比率9:16)のフォーマットです。大きく画面表示されるタイムラインに対応しています。タイムライン上では2:3の比率となり、上下が切れて表示されるため、画面下部に字幕などを入れる場合は注意が必要です。ユーザーが画面をタップすると、9:16の全画面表示に切り替わります。

項目名Vertical(9:16)
smart channel×
LINE news×
タイムライン
LINEマンガ×
LINEブログ×
LINEポイント×
LINEショッピング×

カルーセル

1つの広告枠にスライド式で画像を最大10点掲載することができます。ユーザーの閲覧履歴に基づき興味が持たれそうな特定商品を広告表示する「LINE Dynamic Ads」と、タイムラインとLINE NEWSの一部に対応しているフォーマットです。

項目名内容600×600のみ
アイコン管理画面に登録しているアイコン
画像フィード上の子項目名
タイトルフィード上の項目名
ディスクリプションフィード上の項目名

まとめ

いかがでしたでしょうか。バナーサイズだけでも様々な種類があり、困惑することも多々あるかと思います。
そんな時には、代理店に問い合わせてみてください。
成果が出やすいバナーサイズや、バナーそのものの訴求内容の相談も受け付けております。

少しでも広告成果を上げるために、細かいことをおろそかにせず、広告効果の最大化をはかりましょう!

  • 2021.06.09
  • 2020.12.24

リスティング広告

広告代理店/制作会社の方へ

無料アカウント診断サービス